居酒屋で必要な資格

居酒屋を経営するときに、調理師免許が必要なのでは。と思う人もいるでしょう。実は飲食店を経営する場合、調理師免許が必ず必要だというわけではありません。居酒屋には食品衛生管理者と防火管理者を置かなければならない法律はありますが、調理師がいないといけない法律はありません。

 

 

 

ビジネスシーン食品衛生管理者は、調理師や栄養士であれば管理者になることは可能です。そういった資格がなくても、都道府県が行う食品衛生責任者養成講座を受講することで食品衛生責任者の資格は取得できます。食品衛生管理者と食品衛生責任者とは違ってきますので、必要に応じて取得する資格を選択してください。

 

 

防火管理者に関しては、収容人数が29人以下の場合は取得する必要がありませんが、30人以上となった場合は管理者を置く必要が出てきます。火気を安全に扱う必要が高くなるために、安全対策としてですね。また、延べ床面積の広さによっても乙種と甲種の違いが出てきます。その他、店舗の状況などによって提出しなければならない書類などもありますので、詳しくは消防署などで確認してみてください。防火管理者の資格も簡単に取得することができます。講習を受講するだけで防火管理者になることができます。受講料はテキスト代と合わせて5000円以内で、1日2日で終わります。