アルバイトスタッフの採用の仕方

経営する店舗のサイズや経営方針にもよりますが、アルバイトを雇う事もあるかもしれませんね。

 

アルバイトを募集し、応募してきた人を採用するかどうかはあなた次第です。求人情報を雑誌やネットに掲載しても良いですし、店舗の前に募集要項を張り出しても良いでしょう。来る者拒まずでは時に失敗することもありますので、多くの応募があるのであれば、人材を選択する力も必要です。受け答えや、外見の印象、言葉遣いなど、自分の基準をクリアしている人を採用するともいますが、初めて人を雇うという場合もあると思います。

 

面接では好印象だったのに、実際に働いてみたら、ずいぶんな怠け者だったなんてことも良くある話です。アルバイトは決められたシフトに、遅刻や無断欠勤などがない人材が必要です。少ない人数でお店を回すのであれば特に重要です。履歴書の書き方や面接の時間にきちんと来るかどうか。まじめなタイプが良いでしょう。

 

また、どれくらい出勤できるのか、出勤できない理由などを聞いて、シフトのイメージをするとよいでしょう。自分のお店のカラーに近い人材を選ぶことも重要ですが、うまくシフトを埋められないと困ってしまいますからね。お店に役立ちそうな人材を見極めることが大切です。