防火管理者とは

防火管理者とは、飲食店などで火気を使用する際、安全に扱えることを管理する人の事です。お店の収容人数や延べ床面積に応じて、取得が必要、必要な資格が異なってきます。収容人数が少ない場合は取得は必要ありませんが、火気を扱う以上は必要がなくても、取得することをお勧めします。防火管理者の講習会は最寄りの消防署などで開催されています。

 

試験などはなく、講習を受講するだけで資格を取得することが可能です。講習の期間は資格の種類によって1日または2日になります。受講料はテキスト代を含めて3000円から5000円程度となっていますので。決して資格取得が難しい資格ではありません。講習会の日程は、消防署のホームページなどで確認することもできますし、問い合わせてみても良いでしょう。この資格を取得して、店舗を営業するに当たり管理者として選任された場合は、防火管理者選任届を消防署に提出することになります。営業開始までに提出する必要がありますので、早めに用意するようにしてくださいね。

 

その他、消防署に提出するべき書類が複数ありますので、消防署で確認をしてみてください。