未分類

防火管理者とは、飲食店などで火気を使用する際、安全に扱えることを管理する人の事です。お店の収容人数や延べ床面積に応じて、取得が必要、必要な資格が異なってきます。収容人数が少ない場合は取得は必要ありませんが、火気を扱う以上は必要がなくても、取得することをお勧めします。防火管理者の講習会は最寄りの消防署などで開催されています。

 

試験などはなく、講習を受講するだけで資格を取得することが可能です。講習の期間は資格の種類によって1日または2日になります。受講料はテキスト代を含めて3000円から5000円程度となっていますので。決して資格取得が難しい資格ではありません。講習会の日程は、消防署のホームページなどで確認することもできますし、問い合わせてみても良いでしょう。この資格を取得して、店舗を営業するに当たり管理者として選任された場合は、防火管理者選任届を消防署に提出することになります。営業開始までに提出する必要がありますので、早めに用意するようにしてくださいね。

 

その他、消防署に提出するべき書類が複数ありますので、消防署で確認をしてみてください。

接客の態度は、お客さんが提供されるものと同じくらい重要なものです。たとえば、居酒屋であったら無愛想な接客で、従業員が喋ってばかりで注文を聞きに来てくれないようなところに呑みに行きたいと思いますか?

 

いつも笑顔で元気よく、お客さんの態度にすぐ気付いてくれるような接客の方が気持ちが良いですよね。もちろん、お客さんに干渉しないことをサービスとしている場合は別です。それぞれのお店の雰囲気や経営方針に忠実な接客を、具体化したものが実現されると良いですね。居酒屋となるとお酒も入り、時に横暴なお客さんもいるかもしれません。感情的にならず、上手にいなすことのできる接客対応も必要かもしれません。

 

また、従業員同士の育成も大切で、リーダーとなるような信頼のおける人材を作ると良いでしょう。新人のフォローやお客さんへの気配りは、接客につながる大切なことです。失敗をしても、叱るのではなく次に活かせるような道しるべとなる指導ができる人材がいると良いですね。接客の良いお店は、従業員への指導が行き届いているものです。

食品を衛生的に扱うために、必要とされる資格の食品衛生管理者は国家資格の一つです。食品を加工する業種に関して、配置しなければならないと義務付けられています。食品衛生法に基づき、食品を加工する施設の衛生管理、食品の取り扱いや従事する人の衛生を守る役割を担っています。

 

食品衛生責任者とは違いますので気を付けてくださいね。医師や獣医師、薬学や畜産学など所定の資格や課程を修了した人、もしくは栄養士や調理師と言った資格を取得している人は、食品衛生管理者になることができます。所定の条件をクリアした人も、講習会を終了した場合は、資格を取得することが可能ですが、そういった取得方法の場合は、管理できる場所が所定の場所のみとなります。ただ、食品衛生管理者は、事業所によって従事する人の人数によって選任が必要となってくるものです。営業許可を受ける施設には、食品衛生責任者を置かなければなりません。

 

個人経営の小さな飲食店を開業する場合には、食品衛生責任者の資格が必要となってくるでしょう。これから開業に向けて動きだすという人は、どういった資格が必要なのか、取得期間はどれくらいかかるのか、シュミレーションしてみると良いでしょう。

居酒屋を開業するときには、店舗選びもとても大切です。お客さんの流れや客層によって、お店の方向性も変わってくる可能性がありますし、店舗自体が新築なのか、前の入居者が飲食店を経営していた居ぬき物件なのかで、かかってくる費用も変わるでしょう。居酒屋がひしめく激戦区でやっていけるのかどうか、人通りの少ない路地裏でお客さんを呼べるかどうか。

 

年配の人が多い地域で、若者向けの居酒屋では成功は難しいでしょう。自分の理想とする居酒屋を、どんな場所で作り上げるのは、あなた自身ですが。現実の情報をきちんと把握して選ばないと、非常に大きな痛手ともなります。開業資金の多くが、この店舗獲得にかかってくるので、成功も失敗も店舗選びが重要だと言えるのです。

 

居ぬき物件は、新しく料理器具などを入れなくても良いメリットはありますが、前の入居者がどうしてその物件を手放したのか、もリサーチするべきです。儲かってもっと良い立地に移転したのであればいいのですが、いわくつきの物件であったり、お客さんが流れて来にくい物件であるのであれば、考えることは多いかと思います。

勤め人である人が夢を抱くとき、それは独立という形である場合があるでしょう。自分でお店や会社を経営する、異業種での独立を目指す人も少なくありません。居酒屋を開業したいという人も多くいるのではないでしょうか。

 

それは、居酒屋で友人や同僚と飲み、話し、食べて、色々な思い出を重ねてきたり、飲みに出るとお財布が寂しくなる、そんな現実から自分でやってみたら、けっこう儲かっちゃうんじゃないの?という甘いイメージからかもしれません。実際にそれほど甘くはない居酒屋経営、そのノウハウといっても一言では説明しきれません。独立する際と最初の運営資金、店を出す立地条件や、メニュー、価格設定にスタッフの育成、様々な要素が重要になってくるからです。

 

開店までこぎつける資金があったとしても、お店が軌道に乗るまでの資金も考えておかなければ安定経営を目指すことは難しいですし、立地条件一つでお客さんを呼べるかどうかも変わってきます。メニューはどこにでもあるものではリピーターを期待できませんし、魅力的な価格でないと人気もでません。どんなに素敵なお店を作っても、スタッフの教育次第では最悪なお店だと言われかねません。居酒屋経営のノウハウは、様々な視点から物事を見られる柔軟性が必要だと言えるでしょう。

経営する店舗のサイズや経営方針にもよりますが、アルバイトを雇う事もあるかもしれませんね。

 

アルバイトを募集し、応募してきた人を採用するかどうかはあなた次第です。求人情報を雑誌やネットに掲載しても良いですし、店舗の前に募集要項を張り出しても良いでしょう。来る者拒まずでは時に失敗することもありますので、多くの応募があるのであれば、人材を選択する力も必要です。受け答えや、外見の印象、言葉遣いなど、自分の基準をクリアしている人を採用するともいますが、初めて人を雇うという場合もあると思います。

 

面接では好印象だったのに、実際に働いてみたら、ずいぶんな怠け者だったなんてことも良くある話です。アルバイトは決められたシフトに、遅刻や無断欠勤などがない人材が必要です。少ない人数でお店を回すのであれば特に重要です。履歴書の書き方や面接の時間にきちんと来るかどうか。まじめなタイプが良いでしょう。

 

また、どれくらい出勤できるのか、出勤できない理由などを聞いて、シフトのイメージをするとよいでしょう。自分のお店のカラーに近い人材を選ぶことも重要ですが、うまくシフトを埋められないと困ってしまいますからね。お店に役立ちそうな人材を見極めることが大切です。

さて、居酒屋を経営する決断をして、次は開業までの準備に取り掛かることになると思います。開店資金と家族の同意・協力体制を確認し、取得しなければならない資格もありますし、メニューの孝案など忙しくなっていきます。

 

資金面では、例えばフランチャイズ契約を結んだり、まったくゼロからスタートするのかでも違いは出てきます。数百万から1000万以上のお金が必要とされる開業に、自分の資金だけでは足りなければ、借り入れを行わなければなりません。

 

 

出来ることなら、金利のない親族などからの借り入れがベストだと思いますが、資金調達は大きな問題の一つです。家族に手伝ってもらうもらわないで、スタッフの 雇用も考えなければなりませんね。手伝ってもらわないにせよ、収入面や生活面で影響を受ける家族ですから、十分に理解してもらいたいです。食品衛生管理者と防火管理者の資格が必要です。

 

難しい資格ではありませんが、忙しい合間をぬっての取得なると思います。早めに取得しておきましょう。メニューの孝案に関しては、料理経験のない人であれば、まずは料理の練習から始める必要がありますし、お客さんを呼べるメニューを考え、知り合いなどの試食してもらうなどのリサーチも大切です。開業してからもとても大変ですが、開業までもなかなか長い道のりです。

居酒屋を経営している人の年収はピンからキリまでだと言い切ることができます。

 

小さなお店でも月々数百万という売り上げを誇る居酒屋も少なくありませんが、月々の収入が数万円というお店も少なくないのが現状です。お店がどんどん繁盛して、複数の店舗を経営するようになれば、年商数億という人もいるでしょう。

 

しかし、居酒屋経営をしている人のすべてが、年商数億とは言えません。なんとか家族を養うことが出来るという人の方が多いものです。

 

売り上げではなく自分の収入として入ってくる分は、決して多くはないのです。深夜までお店を開き片づけ清掃を行い、翌日は料理の仕込みや準備で、決して楽な仕事内容ではありません。

 

特に開店から数か月後、目新しさもなくなって、知人や友人も顔を見せなくなってくると、売り上げがガクンと減る傾向が強いものです。最初からうまくいくことばかりではありませんが、起動に乗るように日々努力と勉強を欠かさないことで、年収アップも夢ではないでしょう。

 

軌道に乗れば、勤め人よりも高年収が期待できますが、現実は決して甘いものではないことを忘れないでくださいね。