食品衛生管理者とは

食品を衛生的に扱うために、必要とされる資格の食品衛生管理者は国家資格の一つです。食品を加工する業種に関して、配置しなければならないと義務付けられています。食品衛生法に基づき、食品を加工する施設の衛生管理、食品の取り扱いや従事する人の衛生を守る役割を担っています。

 

食品衛生責任者とは違いますので気を付けてくださいね。医師や獣医師、薬学や畜産学など所定の資格や課程を修了した人、もしくは栄養士や調理師と言った資格を取得している人は、食品衛生管理者になることができます。所定の条件をクリアした人も、講習会を終了した場合は、資格を取得することが可能ですが、そういった取得方法の場合は、管理できる場所が所定の場所のみとなります。ただ、食品衛生管理者は、事業所によって従事する人の人数によって選任が必要となってくるものです。営業許可を受ける施設には、食品衛生責任者を置かなければなりません。

 

個人経営の小さな飲食店を開業する場合には、食品衛生責任者の資格が必要となってくるでしょう。これから開業に向けて動きだすという人は、どういった資格が必要なのか、取得期間はどれくらいかかるのか、シュミレーションしてみると良いでしょう。