居酒屋開業までの準備

さて、居酒屋を経営する決断をして、次は開業までの準備に取り掛かることになると思います。開店資金と家族の同意・協力体制を確認し、取得しなければならない資格もありますし、メニューの孝案など忙しくなっていきます。

 

資金面では、例えばフランチャイズ契約を結んだり、まったくゼロからスタートするのかでも違いは出てきます。数百万から1000万以上のお金が必要とされる開業に、自分の資金だけでは足りなければ、借り入れを行わなければなりません。

 

 

出来ることなら、金利のない親族などからの借り入れがベストだと思いますが、資金調達は大きな問題の一つです。家族に手伝ってもらうもらわないで、スタッフの 雇用も考えなければなりませんね。手伝ってもらわないにせよ、収入面や生活面で影響を受ける家族ですから、十分に理解してもらいたいです。食品衛生管理者と防火管理者の資格が必要です。

 

難しい資格ではありませんが、忙しい合間をぬっての取得なると思います。早めに取得しておきましょう。メニューの孝案に関しては、料理経験のない人であれば、まずは料理の練習から始める必要がありますし、お客さんを呼べるメニューを考え、知り合いなどの試食してもらうなどのリサーチも大切です。開業してからもとても大変ですが、開業までもなかなか長い道のりです。