接客態度について

接客の態度は、お客さんが提供されるものと同じくらい重要なものです。たとえば、居酒屋であったら無愛想な接客で、従業員が喋ってばかりで注文を聞きに来てくれないようなところに呑みに行きたいと思いますか?

 

いつも笑顔で元気よく、お客さんの態度にすぐ気付いてくれるような接客の方が気持ちが良いですよね。もちろん、お客さんに干渉しないことをサービスとしている場合は別です。それぞれのお店の雰囲気や経営方針に忠実な接客を、具体化したものが実現されると良いですね。居酒屋となるとお酒も入り、時に横暴なお客さんもいるかもしれません。感情的にならず、上手にいなすことのできる接客対応も必要かもしれません。

 

また、従業員同士の育成も大切で、リーダーとなるような信頼のおける人材を作ると良いでしょう。新人のフォローやお客さんへの気配りは、接客につながる大切なことです。失敗をしても、叱るのではなく次に活かせるような道しるべとなる指導ができる人材がいると良いですね。接客の良いお店は、従業員への指導が行き届いているものです。